なんでも、そうなんだろうが・・・・

 金曜日  朝、店を開けようとして、電動シャッターのスイッチボックスのふたを開けようとしたら、蓋がズルッと取れてしまった・・・・。
 つまり蓋ごと取れて、中の上下のスイッチボタンが丸見えになってしまったのである。
「ゲッ!」とびっくり。
 まあ、スイッチが丸見えだから、開けたり閉めたりするのは支障はないのだけど、店を閉めた後が・・・・・当然・・・困るわなあ・・・。
 丸見えなんだから・・ボタンが・・・。

 で、慌てて シャッターメーカーのコールセンターに電話したのであるが・・・・・。
 4.5年前に。この幅7メートルぐらいある電動シャッターの巻上げの調子が悪くて、地元のこのメーカの系列の業者に修理してもらった時に、目の玉が飛び出るくらいの金額を請求されたので、今回は蓋の裏側に書いてあるメーカのコールセンターに電話した。

 蓋の構造は、単純そのもので壁の内側にある内枠に、はずれた外枠にあたる蓋が、ちょんちょんと溶接されて一つのボックスになっていて、それが中の上下のボタンのプレートにネジ止めされているだけなので、素人でも簡単にそのボックスごと交換できる・・。
 で、ボックスだけ送ってくれ と頼んだのだが
 担当の男の人が出てきて
「大きさもわからないですし・・・営業のものを行かせまして・・・」と要領を得ない。
横で聞いていたかみさんが
「溶接でもしてもらったら・・」と言う。その声が向こうに聞こえたのか
「それ、ステンレスですから・・・なかなか溶接は難しいですよ!・・・とにかく営業マンを・・」
 と言うので、 かみさんを見ると手で 電話を切れ と言うので。
「ちょっと、こっちであたってみて。また電話します。」と切った。

 これねえ 某一流メーカーなんだけどね・・ふたの裏にコールセンターの電話番号は書いてあるんだけど、どこにも製品の品番が書いてないのよ。それで、担当の人に「大きさもわからないし」 といわれてもねえ・・・
 こういう対応をされると、端からこのメーカーは エンドユーザーには、つつかせないというポリシーなんだろうと思ってしまうね。

 それで、かみさんが知り合いに電話
「ステンの溶接って、できる?なんかねえ・・・シャッターのふたが取れて・・・」
と、かくかくしかじかと説明したら
「ステンなんか、簡単にできるって!今から取りに来てくれると」

 現場で溶接するのは難しいけど、取り外しがきく物を溶接の設備があるところへ持って行ってするのだったら超簡単なんだそうで・・・・。
 夕方までに簡単に治って取り付けました。それも 某メーカーの『ちょんちょん溶接』じゃなく『ベッタリ溶接』で。
 「これで、まずはずれることはないでしょう」と溶接屋さん。

 まあ、うちも一応店だからねえ・・・シャッターボタン丸見えじゃ、危なくって危なくって・・


↑この蓋ね、はずれたのよ外側すっぽりと・・・『ちょんちょん溶接』だから。その時の写真撮ってないから残念。

 まあ、うちで扱っている商品でも、修理と言えばほとんどユニット交換になり、昔のようにお客さん本位に対応してくれるところは、だんだんなくなってきているのは現実で、一抹の寂しさと腹立たしさを感じますが、今回のように、まだまだ地元に根付いて商売しているところにはコマゴマ対応してくれるところもあり、そのありがたさと温かみを感じます。

三寒四温

 昔から、三寒四温と言って この時期 三日寒けりゃその次は四日温かく、これを繰り返しながらだんだん暖かくなって、桜の季節を迎えるんだよ。。。なんてことを 小さいころ母親から聞かされ育ったのだが、どうも昨今はこの繰り返しの寒暖差がメチャクチャ大きいものだから、体調を維持するのにも四苦八苦のありさまで・・・。
 起きてから、電気ストーブを話す暇もない状態。今朝も少し雨模様だったけど、今はおてんとうさまが、明るい日差しを目いっぱい輝かし始めてきてるんだけど、私のいる部屋は寒いので、電気ストーブを、体にひっつけるようにおいて点けている。

 いつになったら、気持ちよく過ごせるような天候になるのだろうかねえ。。
 今の地球環境の状態では、それを望むのは酷なのかもしれないけど・・・。。

今日は大寒

今日は大寒なのだが、ここのところの寒さから比べれば、温かいような気がする。
先日、お墓参りに行ったら、昼間だったのだけど 供えている湯呑茶碗の水がカチカチに凍っていて、びっくり。。
子供のころはよくこのような光景を見たのだけど、最近は温暖化でついぞ見ることもなかった。 去年の夏といい・・この気温のふり幅の大きさに、閉口。今日が大寒だから、まだ少なくとも1カ月は、巣篭もり状態か・・と思うとうんざり・・・。

東海道五十三次・・・

  今年になって時々一緒に歩き遍路している御仁は、
 「来年、春先から五十三次を歩きたい」と言って着々と準備に励んでいる。私も興味がないわけでもないのだけど、ちょっと歩くとなあ・・・と、気にかけていたら、パナソニックのエボルタの例のイベントが、充電式エボルタの発売を記念して 今度は 「東海道五十三次 を歩く」と題して、大八車を引いたエボルタを歩かせるイベントを決行している。

 最初webで見つけ、初日9月23日の日本橋出発から興味深く見ている。
こういうイベントを見るとき、最近は便利になったもので、ustreamというお手軽に生放送できる物がでてきて・・・ご多分にもれずこの「五十三次」も生で、朝出発から終了まで中継している。

  
 エボルタロボットの東海道五十三次のホームページはこちら
 生中継は、こちら⇒ エボルタロボットの五十三次

 仕組みは、身長17cmのエボルタロボットの前を、赤外線の誘導機をかわいいエボルタシスターズという女の子が押して歩き、そのあとをロボットが自力で追う・・という代物で・・ということは実際のところ、人間が五十三次を歩くということになるから、私としては興味深く見ている次第。
 とうのは、まあ歩くことはないと思うけど、ひょっとしてその気になった時の参考に・・と、へへへ。

 なにせロボットを引き連れて歩くわけだから、60日ぐらいかかると主催者側は見ているみたい。すでに一週間以上たってるけど、昨日、一昨日は雨で中止になってるし・・・。今日は、さっき権太坂越えて・・・戸塚宿どまりみたい・・・

 まあ、どちらにしても面白い企画なのでずっと追ってみようと思っている。

 

雷雨・・

 久しぶりの雷雨。
夜が明ける前から、ゴロゴロと腹に響くような音がしていて、今朝は祭日にもかかわらずごみの収集日だったので6時前に起きだして、外に出ると薄明るいのに空は真っ黒。ごみ出しの準備に再び家に入ろうとした途端、地を裂くような雷鳴とともにたたきつけるような土砂降りに一瞬の間になった。豪雨である。
 あまりの突然の雨にポカンと、出そうとしていたごみ部袋を横目にしばらく空を眺めてしまった。豪雨が小ぶりになるまで約一時間・・・・することもなく外を眺めていたのだけれど・・最近ボーっとして外を眺めることもなかったので・・なんとなくゆったりとした気持ちになった。雨の降るさまを眺めるというのは、なんとなく安らぐ・・。

 日ごろあまりテレビのドラマは見ないのだが、今年になって竜馬伝は欠かさず見ている。それと先週、最終回だった 「GM-踊れドクター」 は私にしては珍しく、初回から最終回まで見てしまい、日曜日は竜馬伝から踊れドクターのハシゴが決まっていた。
 東山紀之の軽妙さと個性あるレギュラー陣の絡みも面白かったのだけど、それより何より 「総合診療科」という設定に、興味と面白さにひかれてずっと見ていた。リンパ腫の病名も出てきてたし・・・。
 最終回は、クールを終わらせる必要性か性急な筋書きでいただけなかったが・・・・。

 私などは、ずっと総合病院にかかり、かかりつけの医者がいたにもかかわらず、結局リンパ腫だとわかった時には、ほぼ手遅れ状態だった。この番組のように 総合的見る科があり優秀な医者がいれば、もっと早い段階で分かっていたのではないか?という思いは、移植前からずっと思っている。といっても、病院のレベルにもよるが・・・。

 これ、続編作らないのかなあ?・・