坪尻駅

  この連休、当初は歩き遍路に行こうと思ってたのだけど、前回予想もしない雨にたたられ、2日間雨の洗礼を受けたので、天気予報を見ただけで、気持ちが萎えてしまった。雨を恐れてては、遍路なんてできようもないのだが、雨の中びっしり歩いたら・・・・やっぱり避けたくなるもの。。

案の定、昨日はびっしりと雨。 やはり行かなくて正解。少し後ろめたさもあり、今朝の晴れた空を見たとたん、「どこか行ってこよう・・・」と思い
 坪尻駅 へ行ってみるか・・・となった。
 坪尻駅は 秘境駅の中でも人気が高いスイッチバックの駅で、土讃線の阿波池田寄りにある。標高約210メートル。標高だけならたいしたことないのだが、ここが特筆なのは、周りが山に囲まれていて、駅が谷底のようにあるという点と周りにめぼしい家がないから駅に続く道というのが、山道というか遍路道のような道しかないということで実に興味を引く駅なのである。

 子供の頃や学生の時、何回かこの駅を通過した思い出があるのだが、一度も下りたことがないので、今回、唯一国道とつながっているという山道を利用していってみることにした。マムシが頻繁に出没するといういわくつきの山道なので、愛犬ふくと一緒に行くことにした。
 
 11時半過ぎ、ふくと車で出発。
 65番三角寺から66番雲辺寺の中間に椿堂があり、そこで国道192号線に合流するわけだが、この国道を走って阿波池田まで行くわけだけど、椿堂から徳島県境にある境目トンネルまでの間で、4人の歩き遍路に会いました。この時間だと今日は、観音寺どまりかなあ・・・などと思いながら運転したのですが、どうも見てしまうと居心地が悪い。
 池田、現 三好市から国道32号線に乗り、箸蔵寺のロープウェー乗り場を過ぎて少し走ると、坪尻駅の看板があり、それには←600mとかかれており、その下、祠の前に車を止め、降り口を捜すが見当たらないで、ふくをつれてうろうろしてると、若者二人が車に近づいてきた。彼らも降りるつもりで捜しているみたいで・・・・。もう一度捜してみると、看板の手前10mぐらいのところのガードレールの切れ目のところに降りる道があった。ここの標高が300mちょっとらしいので、標高差90mをほぼ真下に、ジグザグ道をおりることになる。
 若者二人が、前を行ってくれたのでマムシの心配はあまりしないで下りることができた。若者よ、ありがとう。
 

下りると、線路手前に、廃屋がありこれを見るとさすがにちょっと不気味さを感じる。

 線路を渡り駅に入ると 二人先客がいて、私と若者を入れて5人になった。
正直ビックリした。こんなにいるとは思わなかった。さすが、人気がある駅だねえ・・と感心。
しばらくして、一人が山道を登って国道方面へ帰っていった。
 坪尻駅も、最近は普通列車も全部が止まるわけでもなくなったので、国道から降りる直前列車の音を聞いた12時台と13時台と14時台と午前10時台、上下あわせて昼間がこの4本だけで 後は朝か夕方になっている。12時台のが間に合わなかったので、ちょっとがっかりしたが、駅舎の中と外には、通貨列車の時間が掲げられてある。これうれしいね。列車見に来た人にとっては。。

  

これを見ると13時17分、13時30分、13時56分が 1時間以内にあるのがわかり、坪尻駅発着列車は13時57分、とすれば13時台は。たぶん特急列車。その後が普通列車2つが線路上に並ぶだろうということが予測されたので、13時57分の列車を見て帰ることにした。

若者に ふくと一緒の写真を撮ってもらう。

 多度津側から 本線を走る特急南風 

阿波池田側 本線を走る南風

多度津側

阿波池田側  こちら側がスイッチバックになっているのだが、だいぶ以前に本線の改修がおこなわれ、特急など大半の列車がスイッチバックを使わず素通りしている。

坪尻駅 ホーム側

ホームへ入ってくる 上り 多度津行き普通列車

ホームの上り普通電車と本線の下り普通電車が並ぶ 13時56分

晩秋で、谷底にある駅なので、日のかげりも早く、影の部分があっという間に増えて、夕方を思わす。
最初からいる人が
「本当はこの駅は、ホーム側から国道の人たちのために作った駅ではなくて、駅の玄関側の山の向こうに2.30の集落があって、その人たちのために作ったそうなのですが、いまや全然利用しなくなったそうです。ぼくは、今日そっち側から来たんですよ」と話してくれた。
「えっ?、道あるんですか?」
「国道側の道より、もっとひどい道ですよ。獣道みたいで・・・・・その上、マムシも出るし、帰るのおっかなビックリですよ。そうそう・・・この駅、今年度で廃止にするという噂があるんですが知っていますか?。なんか、大歩危で、離合を全部捌くようにするとかで・・・・・」
「そうなんですか?・・・マニアだけではね・・・どっちにしてもいずれそうなるのかもしれないですね・・」
「まあ、それもあって今日来たんですよ。子供の頃、この駅よく通過したから・・・。面白かったですよね、あの頃の

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です