路線バス

 この10月1日から、家の前を路線バスが走り始めた。
いまどき、田舎では 公共交通機関が縮小される中で 実にこれは珍しいことで・・驚いた・・。
市がだいぶ補助金を出しているのは当然のことながら、新設路線で運行するのだからホントびっくりのビックリ!!。
 
 でもまあ、これが家の前を走るし、50mぐらいしか離れてないところにバス停ができたので少しうれしくて、ちょうどそのころ足の治療中だったこともあり、これ幸いと運航開始後ほどなく乗ってみた。

 運航開始間もないし、宣伝もしてないから乗客は私以外にいなくて少しさびしかったが、市内の主な病院を周って、昔から走っている国道の路線に合流して新居浜の住友病院までいく路線バスなのでコンセプトはこの上なくいい。便数も1日7便もあるから、田舎町としては出色の出来ではなかろうか。。
 去年、一昨年と歩き遍路をしてみて、この田舎の公共機関の少なさと減少に辟易してほんと困惑した思いがあったので、この路線を開始した市には、久々の英断で拍手。。
 「ほんでも、みんな乗らんかったらすぐ廃止になるかもわからんでえ・・・」と娘がいうもので、ほとんど毎日家の前を走るバスを見ている。
 そしたら、11月ぐらいからぼちぼち人を乗せて走るのを見かけるようになった。
採算ベースには、程遠い人数なのだろうが、実際 歳をとって体が不自由になってくると自分で車を運転してというのもおっくうになってくるから、バス路線が有り難くなってくるはずなので、できるだけこの便数で、欲を言えば最終便をもう1時間遅い便を増やして運航を続けてほしいと思うのだが・・・・。

 来年の春には、廃止・・なんてことのないように・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です