??社会保険庁 困ったもんだ・・・

お袋は、だいぶ前から施設に入っている。要介護5である。
親父は 週2回リュウマチの不自由な体で、お袋の様子を見に行ってた。
親父の右足の親指は 外反母趾以上に4本の指の指の上に重なるようにのっていた。親戚の人みんな初めてみたせいか、
「エーっ、リュウマチがひどくなったらこなになるんか・・・かわいそうに」と 驚きその足の指のまがり具合を見入ってた。左足も節くれが目立ち、右手左手は 親指と人差し指がかろうじて 動く程度で・・あとの指はこれもリュウマチでひっついている。
無くなるまで その手を触っていたんだが 指の内側の柔らかさに比べ表面は ごつごつして皮の様であった。
 それでも親父は、一緒に住むと最後まで 言わなかった。
 顔を覆おうタイプの酸素マスクをつける前、苦しい息の中から
「年とってもなあ・・面倒みてもらわん・・」と
 遺品を整理してたら、去年の11月の末の日付で、義足の制作依頼受領書の領収書がでてきた・・・
▲昨日、遺族厚生年金の手続きは早いほうがいい といわれたので、市役所の知人に助けてもらって 書類を整え、その日は巡回相談だったんで 指定の市民会館へ。行ったのは 11時過ぎだったんだけど会場は満席。
 入り口の女の職員が、いきなり手を左右に振り
 「多いですよ!待ちますか?」と番号札を渡しながら言う
 見ると40番
 「今何番?」「12.3番ぐらいだから・・」
「じゃあ一旦帰ってきます。2時ぐらいだったら行けますかねえ?」
 「たぶん」
 ということで、一用事すませて 2時過ぎに戻ってくると。
 「全然駄目・・・まだ24.5番だから・・・」
 「もう 受付締め切ったんだけど・・・いつになるかわからないわよ」
と女の職員が言う
 一応 広報には 15時30分まで受け付けるとなってるのだけど すでに締め切ってる。65.6番で辞めたらしい
 私の横にいたおばさんが、私に
「さっきから 新居浜社会保険事務所の方へ、行け行けというんだけど、とおいしねえ。わたしゃ この手紙の見方聴きに着ただけなのに・・どうなっとんな?」とまくし立てるんだけど こっちも全く同じ。
 これだけ世間を騒がし 慢性的な社会問題になってるのに、対応はいまだにこれじゃあ、あきれ返ってものも言えない。
せめて 市役所に一人ぐらいは この年金問題解決するまで おいとくべきじゃないの?社会保険事務所の職員を・・・
 散々待たされて 書類を見てもらうと
「残念だけど 一つ提出してもらう書類がかけてる」と前に座った職員が言う。同じ意味の書類だけど 形式が違う別の種類のものが足らないということ。後ろから その申請用紙を出してきて こうこう書いて、持ってきてという。
「これさえあったら、他はすべて キチッッと揃っているから、今受けられたんだけど・・」
 と気の毒そうにも無く言う。
 市役所の職員に、書類をチェックしてもらってでも、必要な申請書類が足りないぐらいなのである。こんなややこしかったら、スムーズには誰が考えても 事はうまく運ばないわなあ・・・
 帰ってきて 社会保険庁のHPをみても、必要な書類とかそういう情報も無く・・・どうなってんだろうね・・ここは
でまた来週 巡回時に行くんだけど・・・巡回といっても 人数二人だし 同じところじゃないからねえ。
人数増やして 市役所に一人ぐらいは 出向で置いてほしいよなあ。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です