歩き遍路・・・春編 その7・・復活

  昨日の日曜日30日、午前中ゴロゴロしてたんだけど・・・・二日酔いの迎え酒ならぬ、迎え歩きなどしたら、体もシャキッ!とするのではなかろうかとふと思い、少し早目の昼飯を食った後かみさんに
 「ちょっと、歩いてみたいからこの間の三角寺の上がり口まで送ってくれ!」と頼んだら
「あのねえ・・・先生に歩くんだったら、朝のうちか夕方に!といわれてたんじゃないの?」
「そりゃそうだけど・・・今、思い立ったんだし・・山だし・・今日はそんなに暑くないから大丈夫だよ」と答えると・・あきれ顔。
「まあ・・・あまり距離歩かないでよ・・水一杯持ってくのよ!」と、言ってもしょうがないか!という顔で、前回の最後の地点まで送ってくれた。

 歩きはじめは、12時前。
さすがの私でも、恐る恐る歩きはじめる。65番三角寺までは、ここから約四キロの登り。
1キロ余り登ると視界が開け、わが町が見渡せる山腹に出る。紫外線とチリが多く遠くはかすんでいる。

ここら辺りまでは、舗装してるのだが・・・ここから少しのぼると昔からの遍路道が現れ、結構きつい坂の山道。さすがに病み上がりの体にはこたえる、大息ばかり・・・。胸の鼓動もひどくなり・・担当医の言葉がちらりと頭をよぎりはじめる。
 すぐ休憩して、茶をがぶ飲み。

↑ぶれまくりの遍路道。この昔ながらの遍路道は、今まであるのを知らなかった。

少し歩き、休憩。少し歩き、休憩。この繰り返しを延延と続ける。
しかし、・・なんというか・・ここまでして88か所続けるかねえ・・自分でも不思議に思う。
 40分余り、この遍路道を歩き三角寺への舗装された道路に出る。この辺りでは、こういう舗装されてない昔ながらの遍路道があるのは、私の記憶にはないので本当は、驚いた。それに、この遍路道で IPHONEが使えたのにも驚いた。IPHONEに変えて 足摺からずーと山の中の遍路道を歩いて来たけど、使えたのは、ここだけ。さすが紙の街・・というところかねえ。。

 三角寺へ着いたのは、1時半前。4キロを1時間半・・・病み上がりとしては上々。。
三角寺は、小・中・高校時代 遠足のコースで、小学校の時の高学年以来、毎年1回は来てたんじゃあないかなあ・・・・でも、それ以降来た記憶はなく、おととし親父が死んでその年の3月の常楽会が三角寺であり、来たのが、ン十年ぶりで、ずいぶんきれいになったなあと思ったものだ。
 三角寺の山門は、鐘がつってあるという一寸珍しいもの。

鐘はどこだろうか?と探さなくていいし、ついて入れるからいい。
本堂の前に、一茶の句がある。遠足に来るたび、国語教師にうんちくを垂れられたのを思い出す。

  是でこそ
 登りがいあり
  山桜        一茶

 遍路道は、平山を経由して 別格 椿堂常福寺 を経て 66番雲辺寺へ続いている。
まあ、担当医に注意されていることもあり、当分の間歩く距離は 1日24.5キロぐらいまでにしようと思っているので、今日は椿堂辺りまでにしようと思っている。

 平山のバス停の手前に、道標というか石碑がある。この遍路道の一部は、土佐北街道と重複している。この石碑は、それを如実に表している興味深いものである。

平山の遍路小屋で休憩した後、ぼちぼち歩く。

棚田の田植えが、ちょうど始まった頃で綺麗

高速の下をくぐり、しばらく歩くと椿堂常福寺。着いたのは4時前。
小さいお寺なんだけど、参拝客は多い。

番外だけど、ここで歩き遍路だけのお接待を受ける。ラッキー!。

国道192号線を境目トンネル方向に、ぼちぼち歩いてたら娘が迎えに来たので、今日は中途半端な地点だけど、ここで打ち止めして、家に帰る。

それでもGPSログを見ると 18キロ余り歩いているし、そんなに歩くスピードも落ちてない。時間3キロ台に落ちてるのかと思ったけど・・・。

▲GPSログ  伊予三島の三角寺登り口から椿堂を経て192号線

歩き遍路・・・春編 その7・・復活」への1件のフィードバック

  1. 庭のつるバラが今年はきれいに咲いています。
    昨年思いっきり剪定したせいか、小ぶりな花ですが、可憐ないい感じです。
    明日で自家抹消血幹細胞移植後6年を迎えますね。
    そのことを自分のことのようにうれしく思います。
    どうぞ、これからも「ふりこ」のように体調を保ちながらいろんなこと、頑張ってください。
    私も見習います(笑)、へへ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です