柳の下に・・

何匹もいるとは思わないけども・・
柳というから 春から初夏にかけてだろうから、日本ダービーも、まだいけるかなあ・・・と
 オークスのラブカーナは、マイナー種牡馬のアイルランド産オースだったんだけれども、母父は同じくアイルランドの名種牡馬 Caerleon。
 で 柳の下的発想
  今回の 日本ダービーは 牝馬ウォッカが参戦することでもあり、母親に注目してみた。
 ウォッカは 平成に入って 2頭めの ダービー挑戦で11年ぶり。
 では 11年前に 挑戦した牝馬は?というと、ビワハイジで・・
 なんと、その子供が このダービーに参戦してるんですねえ。。
 
 アドマイヤオーラ なんです 、これが。。
 お母さんのあだを ダービーで返す というのは どうでしょうかね・・
 福永ジュニアばりに。。と連想すれば つながるから
 ウォッカの参戦した年に・・その上 ビワハイジの父は アイルランドの Caerleon ときてるから アドマイヤオーラ に注目したいなあ。
 
 あとは アドマイヤサンデーとグレースアドマイヤの子供かなあ。。
 こう見ると アドマイヤ つながりとも見えるんだよなあ。。
で、ないとは思うけど マイナー種牡馬大好きの私としては、両親ともマイナーな ナムラマースあたりが 好走してくれると・・・
 ルションて2000以上持つのかねえ・・・・・

柳の下に・・」への2件のフィードバック

  1. ウォッカ 勝っておめでとう。
     後になって 考えてみれば、東京の2400・・・といえば 福永jrの目もあったなあ。
    ・・ましてや オークス明けだからなあ・・。残念・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です