延命

延命 このそのものずばりの言葉を冠にする 水に 興味を持ったのは、かくいう知人が、近くにある 「坪尻」のスイッチバックを乗りに行って、いたく感激して帰ってきてからでした。
 
 この知人に年甲斐もなく、対抗心を燃やしてちょっと変わったスイッチバックがないだろうか?と調べていると、この出雲坂根駅に湧き出ている「延命水」にぶち当たった。昔から有名な水のようで、近くには 延命神社もあるとかで、病気を持っているものとしては、どうしても気になりはじめ、機会があれば、ちょっと飲んでみたいなあと・・・
 夜中の2時に、電車をパスしたものの、
「どうしようか・・・・帰ろうか、朝一で・・・」
退院して以来、24時間起きていたこともないし、まして部屋やベッド以外で寝たこともない・・から、・・・駅員に聞くと 朝5時には始発が出るからと言う。
 仕方なしに、構内の待合室の椅子に横になる。
 若いとき以来だなあ・・・駅で朝を待つのは・・
 昔から比べるとずいぶん座り心地の良い椅子に横になっていると
 「延命水」がだんだん気になってきた。
 大分迷った挙句
「せっかくここまで出てきたんだから、・・行こうか?」
 調子が悪くなれば、すぐ帰ればいいか・・
と改札口へ行って、時刻表を見せてもらい、経路を練り直しはじめたのは、4時も回っていた。
                 <つづく>

延命」への2件のフィードバック

  1. こんばんは、8月に入りましたね。
    暑さ対策してますか?
    この<つづき>が、気になります。
    夜明けの決断はいかに!?
    「坪尻駅」のスイッテバックですが、私も経験したことがあります、雨の日でした。
    スイッチバックもさることながら、元々は信号所だったというこの駅の、古い古い駅舎の屋根から雨が滴り落ちてる様子に痛く感動したものでした。
    それから「延命水」ですが、あれは効くそうです(笑)。
    実は昨日「醒ヶ井」の梅花藻を見てきたのですが、ここを流れる「地蔵川」の源流に「居醒の清水」というのが湧き出ていて、「ねがい橋」で願い事をしながら渡ると叶うそうで、・・・。
    でもその橋を見落とした私でした(笑)。
    「醒ヶ井駅」は、たしか東海道本線ですが、その後、「長浜駅」で宿を取っていたので、
    この夏、私は <青春18きっぷ> で北陸本線を体験してきたということになります。
    ちょっとすごいでしょ?
    同行した家人は今回の行程でへとへとですので、残る1回分の「ひとり旅」の予定を考えてたら、・・・・・・
    疲れているのに、うれし楽しくて(笑)、眠れません。

  2. へえ~、梅花藻 見に行ってたんですか・・。
    水の綺麗なところでしか育たないから、そりゃ 「いい水」があるんでしょうね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です