定期診察

少し肌寒く感じるようになった朝陽の中を、トコトコ 車を走らせ病院へ。
今日は少し早めにでたので、ゆっくり道草で ちょいと寄り道、温泉へ。。
やはり、秋口に入り、このぐらいの気温になると、温泉の湯の温かさは気持ちいい・・夏の あのけだるい暑さの中で、汗をダラダラ出しながら入るよりずっといい。。あたりまえか・・。
 ひとっ風呂浴びて、意気揚々と・・2Fの血液検査へ。
「ゲッ」と 驚くほど多い。。久しぶりの混雑。
 季節の変わり目は、患者さんも多いのかもしれない・・などと、ぼんやり考えていたら、私を呼ぶ声。
 移植前、病棟で一緒だった患者さん。
 いろいろ、近況やら病気の経過などの話をしているうち、悪い状態のときの話になり、彼が言うには
 「目茶目茶 悪うてしんどいし、意識もあるのやらどうやら わからん時、それも夢かどうかわからん時になあ・・・そのぼやーとした中でな、すーっとせむし男みたいな男、・・あれは せむし男やな、それが出てきて・・・、そのせむし男がやな、 窓から 俺の方をじーっとみとんのや・・。それでな、こりゃあ まともに見たら 連れて行かれるかもしれん思うて・・必死で、見んようにしたら・・気がついた・・。」
 「・・」
「それで、そのあと、友達にこの話したら 『そりゃあ・・おまえ、お迎えだったんだぜ、それ・・行かんでよかったなあ・』と 言いよつたけど、あれは、そうなんだろうなあ・・と 今でも時々思うよ」
 と、そのときの様子を まじまじと話してくれたのであるが、かく言う私も
 無菌室で 七転八到して『もうだめか・・・』と苦しんでいたとき、似たような経験があり・・・その話をした。。
 私の場合、せむし男ではなく 中世(?)かなんかの 黒塗りの馬車で黒い帽子をかぶった御者が、私の顔を見ながら 前を行ったり来たりしていて・・それを意識して見ないようにしていたら・・我に返った・・・というものなんだけど・・・
 以前から こういう似たような話は、いろいろな人から、よく聞くのだけれど、死線をさまようと無意識にそういう境地に入るのかもしれない・・
 「せむし男に御者だと仏蘭西ぽいですねえ・・お互いそれが日本人じゃなくて 良かったのかもしれないなあ・・」
 と 私。でも 不可思議な話だけど・・・顔を見た記憶はない・・
▲ 今日の血液検査
 白血球 8100 HGB 13.8 PLT 23.3
CRE 1.4 UA 8.8 CRP 0.21 SIL-2R 1274
「1274で 高いけど 前とあまり変わってないから・・・」
 という 担当医のお言葉でした。
 でも 気にならないといったら、うそになるけど・・。
 『・・・風呂で 長湯しすぎたか・・?』・・・と思いつつも関係ないか・・
 
 
 

定期診察」への1件のフィードバック

  1. こんばんは(*^_^*)。
    あっという間ですね、1ヶ月って。
    「・・・中世(?)かなんかの 黒塗りの馬車で黒い帽子をかぶった御者が、・・・」
    というくだりで笑ってしまいました。
    なんか、・・ふふ。。お似合いですね。
    でも行かなくてよかったですね。
    さしずめ、私の時は"果物やのおばちゃん"あたりに、
    「こっちおいで。」
    と手招きされそうです。
    ついていかないようにしなくっちゃ。
    クリスマスの飾りやお歳暮商品をお店で見かけるようになりました。
    ・・・年々、早いです、時間たつの。
    大学病院へ行かれるのもあと、2回ですね、今年は。。
    体調くずされませんように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です