不可解というか・・・

昨日、福田総理の一転しての 薬害C型肝炎訴訟の全員救済発言。
不可解と言うしかない と思うのは 私だけだろうか・・?
議員立法で対処するなら、はじめからそういう方法とれたんじゃないの?と思ってしまう。なんで今更、そういうことになるのかなあ・・あれほど 全員救済に難色を示していたのに・・・不可思議としか思えない。
 よほど指導能力が無いのか・・・
以前から あの ハスに構える テレビのぶら下がり会見にもイマイチ、見てるほうとしては抵抗があったのだけど・・
 選挙対策でこういうことになったのなら、たぶん逆効果になるんじゃないの・・
 何の病気であれ、闘病している者にとっては 薬の弊害はとても怖く、治療に使ってもらう時にも、不安が多く、悩むものです。
 ただ、選択肢が無く使った時、それに侵され病魔に苦しむようになった時、国や業界は 真摯な対応をしてもらいたいと思うのは当たり前の話だし、特に医療の専門家は、こういう薬害が起こった時には、国に責任を擦りつけず 専門家たる所以を示してもらいたいと思う。
 年金にしろココ最近の流れを見て感じる。。
 こんな政治でいいのか? 行き当たりばったりに見えるような・・・
 2代続けて お粗末な・・・と言われないように 願いたい
 どうせなら クリスマスに 無条件に 「全員救済!」と言ったら かっこよかったのになあ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です