リツキサン

久しぶりに 気になるニュース
 リツキサン と言えば 私なんかにとっては もっとも お世話になり 効果のあった 薬なんだけど・・・・
 12月22日の 読売新聞ニュースから
 http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20061222ik02.htm

抗がん剤副作用、肝炎で8人死亡
 悪性リンパ腫(しゅ)の治療に使う抗がん剤「リツキシマブ」(商品名リツキサン)の副作用とみられるB型肝炎の悪化で、2年間に8人の患者が死亡していたことがわかり、厚生労働省は21日、製造・販売会社に対し、薬の添付文書を改訂し、医薬関係者に注意を促すよう指示した。
 この薬剤は、B細胞性リンパ腫のがん細胞だけを狙い撃ちする。報告によると、2004年11月から今月11日までの間にB型肝炎の悪化が18人で起こり、そのうち、40~60歳代の男女計8人が劇症肝炎などで死亡した。推定使用患者数は年間約1万6000人。
 またこの約3年間に、免疫抑制剤「タクロリムス」(商品名プログラフ)を使い間質性肺炎が悪化した60、70歳代の男性2人と、肺がん治療薬「ゲフィチニブ」(商品名イレッサ)で肝障害を起こした50歳代の女性1人の死亡が報告されたため、厚労省は医薬関係者に安全性情報を出して注意を促した。
(2006年12月22日 読売新聞)

 と、短い記事なのであるけれども、
 身につまされる記事・・・
 今思えば、リツキサンで治療したあと、肝臓悪くした人いたなあ・・・と
 幸い、私は 影響なかったけど・・その代わり 腎機能が・・
 まあ、治療薬には 副作用が付きものと思っているけど・・・
 まだ、こういうように 表に情報が出てくるようになっただけ ましかも知れないなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です