なんてこった!・・・

中外製薬の関連記事から・・・
その後、ドキッとする記事を見つけ 口あんぐり・・・なんてこった!
 読売新聞の記事
 http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/
iryou_news/20060620ik03.htm

中外製薬、貧血薬など89万本回収
原料培養に米国産牛の血清
 厚生労働省は19日、中外製薬(東京)が製造販売する貧血薬などの原料を培養する過程で、BSE(牛海綿状脳症)問題を受けて使用が禁止されている米国産牛の血清が使用されていたと発表した。
 同社は、約89万本の医薬品の自主回収を始めた。
 回収対象は、貧血薬「エポジン注」約53万本と、赤血球や白血球などを作るもとになる細胞を増やす作用のある「ノイトロジン注」約36万本。
 厚労省は、2003年12月に米国でBSEが発生したことを受け、04年10月以降は医薬品の原料に米国産牛の使用を禁止した。ところが、中外製薬の両剤は原料培養のため、米国産牛の胎児の血清を使っていた。同月より前に製造された原料が製品化され、流通したとみられるという。
 厚労省では「原料の培養に使ったもので最終製品には影響がないこと、BSEの病原体が蓄積されていない胎児の血清を使っていることから、使用した人の健康への影響はないとみられる」としている。
(2006年6月20日 読売新聞)

この記事を 読むと 2004年10月以降 『原料に米国産牛の使用を禁止した』ということですが、それまでは、どうだったのだろうか?というと、たぶん この記事から推測すると 米国産の牛を使ってたんだろうなあ と思えるよね。とすると、私などはその真っ只中だったから、後から出てきたこのニュース記事を読んで 、笑ってしまいました。口あんぐり・・。
 こういうのは、最初出てくる記事だけで、判断するのは早計過ぎたかもしれないなあ・・・。
 もう体の中で 消化してしまったんだろうなあ・・
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です