きょうは・・・・

今日は、近くの高校の運動会・・・。
ふくと朝の散歩に行ったら、既に場所取りに来ている親もいた。
競技種目も少なくなり、私らの頃から比べると 相当コンパクトになっているのだけれど、親の方の熱意は変わらずといったところか・・・
でも 今日 9月3日なんだけどねえ。夏休み終わって まだ3日目。。
去年も書いたんだけど、全く季節感がなくなったよなあ、私らの世代にとっては。。小、中も9月内に運動会を終わってしまう。運動会と祭りは 秋 という 体にしみこんだ季節感からは どうしても 違和感があるなあ・・・
★ 五郎さんがコメントを載せてくれてた 朝日新聞を見に行ったら 新たに こういう記事を 見つけた。
  asahi.com 9月2日付けのニュースから

  
 がん「攻撃部隊」体外で育成 米グループが新治療法
2006年09月02日06時51分
免疫細胞を操作してがんを攻撃させる原理
 外敵から身を守る免疫細胞を体外に取り出し、特定のがんを攻撃する「専門部隊」に育てたあと、体内に戻してがんを縮小させる実験に、米国立がん研究所のグループが成功した。がんの免疫療法の新しい手法として注目されそうだ。米科学誌サイエンス電子版で1日、発表された。
 同研究所のスティーブン・ローゼンバーグ博士らは代表的な皮膚がんの一つ、悪性黒色腫(メラノーマ)の患者に協力を求め、患者の血液から免疫細胞のT細胞を取り出した。そして特殊な遺伝子を組み込んでから患者に再注入した。
 遺伝子には、メラノーマ細胞を識別するための情報が組み込まれており、T細胞はこの情報をセンサーとして使い、メラノーマ細胞を見分けて攻撃する。
 実験では、他の治療法では回復の見込みがない17人の患者のうち2人で肝臓や肺に転移していたがんがほぼ消えるなど、一定の効果がみられた。
 体にはがんなどの標的をたたく仕組みがもともと備わっているが、がんの広がりに攻撃力が追いつかないケースが多い。 慶応大の河上裕・先端医科学研究所長(免疫学)は「免疫力を利用してがんを治療する試みは以前からあるが、効果は十分とは言えない。今回の方法はより高い治療効果が望め、(T細胞に組み込む情報を変えれば)メラノーマ以外のがんに使うことも可能だ」としている。

 これは非常に興味深い記事ですねえ。

きょうは・・・・」への1件のフィードバック

  1. 「がん攻撃 細胞 体外で増強」
      米国立研究所が新治療
    出てましたね、昨日の朝日新聞3面のなかばに、図入りで。
    「17人のうち2人が転移していた癌がほぼ消えた・・・」というのが、すごいですよね。
    蹄鉄さんのされた幹細胞移植のスペシャル版みたいな治療なんですよね。違う・・かな?
    ちなみに、・・・今日の社説は
    「ネット犯罪」
    警察庁は、「サイバーテロ」への対策が急務、とコメントしています。
    使いこなせるだけで充分じゃないの、何故そこで満足しないの、・・・。
    やっと顔文字が使えるようになってうれしい身には「テロ」の気持ちは一生理解できそうにありません(x_x;)。
            (^.^)/~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です