うんざり・・・

毎日毎日、うんざりするニュースで・・・
偽装という言葉を聴いても、「ええっ!」と声を上げるほど驚かなくなるほど、偽装だらけの世の中になってしまった・・・
薬害肝炎の薬にしろ、偽装だから・・いまや 「衣食住」が
『医・食・住』
と 呼称を変えたほうがいいくらいの不様さ・・
結局、すべて 患者、消費者が受動態で、提供している方がすべて能動態だから、やりっぱなしの世界だというのを まざまざと感じてしまう。
自分が こういうような病気になって 初めて 受動態である立場の不安疎を 痛切に感じてしまうから、なおさら 今の世の中の 能動態基本主義には 憤りを感じてしまう。
薬にしろ、食品にしろ、建築関連しろ、 もっと情報開示をするべきであろう。誰しもが この薬とか 食品の情報を 閲覧できるような体制を作るべきであろう。
今でも 病院や調剤薬局でもらう 薬の説明には 効能は書いてても 副作用は記載されていないし、成分もかかれてはいない。
もらってきて、自分で検索するしか無いわけで、それとて その情報が偏っていれば意味が無い。
使うほうは 誰しも良くなりたいから 使うわけで・・・
そろそろ、根本的な情報開示の方法なり、システムのあり方を検討してもらいたいと思うなあ。
だましの世の中には なってほしくないね、

うんざり・・・」への1件のフィードバック

  1. こんばんは。
    うちの職場では風邪や気管支炎が流行ってますけど、風邪などひかれてませんか?
    11月になったし、いよいよ冬の気配も・・・。
    衣・食・住も、医・食・住もなにもかも偽装で嫌になることだらけですが、
    食の「吉兆」もどうやら・・・。
    新聞で賑わせてますよね。
    赤福といい・・・。
    地産地消やオーガニックということばにさえ胡散臭さが漂ってきそうで嫌になります。
    実際はあってないような賞味期限や消費期限でも堂々とラベル変えられたりしたら、
    世の中何でもあり、ってなってしまう。。
    官公庁のすることだって、責任なすりつけ合ってる現実。
    2日の朝のテレビでやってました。
    在宅医療を推進しながら、家庭で透析をしてる患者さんの医療ゴミの回収に自治体はストップかけてる、って。
    一体全体、何をどうしようとしてんのか。。
    振り回されるのごめんだわ。。。
    当事者の声に真に耳を傾けて、みんなが今よりちょっとでも暮らしやすく生きやすくなるにはどうしたらいいか、
    ちゃんと長いスパンで考えて、
    そしてそんな政策がきちんと確立されていく・・・・・・
    「このくにのかたち」は、そうであってほしいなぁ、って、
    職場での不満と重ねて考えてる夜です。
    たった今、・・・家人が飲み会から帰って参りましたm(__)m。
    短いスパンで考えたら明日は祝日ですね、・・・土曜で残念。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です