あたたかい・・・・

ということは、私にとっては 過ごしやすい冬といえる・・・
21世紀末の日本、平均気温は最大4・7度上昇

日本の今世紀末の平均気温は、20世紀末に比べ最大4・7度上昇するとの試算を、環境省がまとめた。
 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書にも使われた計算モデルを日本に当てはめた。温暖化による被害防止策の検討の基礎にする。
 試算は、8日開かれた地球温暖化影響・適応研究委員会で公表された。気温の上昇幅は、二酸化炭素など温室効果ガスを出す経済活動に左右されるため、エネルギー多消費型、化石・自然エネルギーバランス型、環境保全型の3つのシナリオを想定した。2070~99年の平均気温は1961~90年と比べ、最も二酸化炭素の排出量の少ない環境保全型でも1・3度上昇、エネルギー多消費型だと最大で4・7度上昇する。高緯度地域ほど、気温の上昇幅は大きく、北海道では最大5・8度上昇すると予測された。

 まあ 今世紀末だから、私の病気の如何にかかわらず 生きてはいないだろうから・・この記事に一喜一憂するのも・なんなんだけど。。
 確かに、体感温度は上がっている・・
「去年も 11月末から12月頭ぐらいまでが、一番寒かったよなあ・・」
と年末 かみさんに話したのだが、ことしもどうやらその態か・・
とにかく 暖かいと手の調子がいいので 私としては 大満足なのだが・・
 明日から 寒くなるそうだというけど。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です