黙して・・

黙して 見ていた・・
節分なので、ここのところしてなかったのだけど、何で思い出したのか自分でも不思議なんだけど ふと「豆まきしようか?」とかみさんに言って、久しぶりに珍しく 小さい声ながら 声だして
 「鬼は外、福は内!」
と機嫌よく豆まきした後、晩飯食って、パソコンのテレビのスイッチを入れたら
 テレビ朝日の 「母子病棟」というのに当たった。
丁度、急性リンパ性白血病にかかった子供のところが始まったばかりで・・・
 ずーっと、黙して見た。
 
 大人の私でも 七転八倒しながら 抗がん剤をはじめ 放射線治療をし  移植して闘病してきたのに・・
 まだ8歳の子が 私以上の厳しい療をして耐えている・・・
 このときの気持ちは なった人でなければ わからない・・・
 正直 見ていて涙しました・・
 丈一郎君のご冥福を お祈りしたい。
 
 
 

黙して・・」への1件のフィードバック

  1. この番組の話を聞いて、・・・
    私、見てなかったので、図書館にそういう本があるのかどうか探してみました。
    そして借りてきてさきほど読み終えました。
    『命のノート』
    ~ぼくたち、わたしたちの「命」についてのお話~
    児童書のコーナーにありました。
    聖路加国際病院副院長・小児科部長
       細谷亮太先生
    が書かれてます。
    先生が小児科医としてスタートした30年以上前は小児ガンは、治らない病気だったそうです。
    幸いにも今は8割くらいの小児ガンの子どもたちは、抗がん剤治療法、手術、放射線照射、その他の組み合わせで完全に治るそうです。
    2割の小児ガンは、・・・・・・。
    この本は、亡くなってしまった「思い出の中のこどもたち」のお話ですが、
    「命とは何か」
    というものをしっかり伝えてくれている気がしました。
    「生きたい」
    という当たり前の気持ちが、いっしょうけんめい伝わってきたから、読み終えて、
    「ありがとう」
    という気持ちになりました。会ったこともない さとし君へ
    ありがとう。。。です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です