飼い主と同じか・・・


   久しぶりに、愛犬ふくの話
 本編 リアルタイムな治療日記 には よく ふくのことを書いてたのだけど、


 経過観察になって、本人のずぼらさが顕著に出てしまって、ふくの琴もだんだん書かなくなってきたので、このブログで書くことにした。
 私が リンパ腫を発症もしていない元気な頃(?)、カミさんが友達のところからもらってきた。もう7年も前になる。私は、生き物が大の苦手で、特に犬など・・・もってのほかだった。でも、どこにも貰い手のなかった この柴犬の雑種 を 人のよいカミさん は 二つ返事 でもらってきたのだ。で、彼女が言うう事には
 「あんた、ずーと前に番犬かなんか飼わんとイカンなあ・・といってたから」 だって。
 まあ確かに、その2.3年まえに、泥棒に入られて大騒動したことがあって、確かにその時、そうは言ったんだけど・・・それにかこつけて、ねえ。。
 で、このメスの柴犬の雑種を飼うことになった。名前は ふく とカミさんが名づけた。
 福が来るように!と願いを込めた名前なのである。
 ところが、こいつがとんだ食わせ者でねえ・・。食っちゃ寝食っちゃ寝で、散歩といや自分の好きなときにしか行かないし、タイソなときなど途中で自分から引き返す有様で・・・。大体が 面倒くさがりやなんだろうなあ。で カミさん曰く
 「ほら、やっぱり飼い主に似てるでしょう? よかったわねえ、いっしょで!」
  (おい!、どっち向いて言ってんだよ!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です