送り火

送り火 という言葉があるが、このあたりでは 明確な送り火をしているのを見たこともなく・・送り火に関する習慣はどうも確立はされてなさそうで。。
 去年のクリスマスにいただいたartflowerがいまだに店頭を飾っており、なぜかというと 気に入ってるから・・・当たり前か・・
 でそれには、当然クリスマスのときに頂いた物だから、真ん中に大きなろうそくがアレンジされている。
 なんか妙にそれに火をつけたくなり、昨日からそのろうそくに火をともそうとしたのだけど、なかなかつかない。
 「おい、これろうそくか?」とかみさんに聞くも
 「そうよ、まちがいないよ」というので、何回もつけようとするのだけれどつかない。よく見ると芯が極端に短い
 「これ芯が短いぞ・・・」というと
 たまたまそこに入ってきた知人が
 「その芯の周りを溶かして芯を出せば?」というので
 それから1時間あまり悪戦苦闘するも なかなか芯が出てこず、さじを投げる。
 今日の昼、再び現れた知人、ろうそくをみながら
 「あれ?だめだったん?」
 「そう、なかなか出なくてねえ・・・これ難しいよ」と私。
 話を聞きながらろうそくを眺めていた知人、何を思ったかろうそくを持ち上げ、ひっくり返した。
 そしたらなんと
 「こっちが上、ほれ・・芯がある」
 「げっ」とそのひっくり返されたろうそくを見ると、なんとしっかりした芯が長くひょろひょろと出ている。
 私の驚くかおを見て、知人は 吹き出しそうになる口を押さえて、脱兎のごとく帰っていった。。
 今頃、げらげら笑ってんだろうなあ・・と思って かみさんの方をみるとかみさんも口を押さえて げらげらと笑ってる。
 ばつが悪いったら ありゃしない・・
 でそんなろうそくに火をつけてみました。

   あのままじゃあ 悔しいので、その知人にこの画像を送ると
  「素敵な送り火じゃないですか」 
 
    という気の利いた言葉
    「・・送り火か・・・」
 怠惰な息子に送ってもらいたかったのかね・・・
 芯出るまで1日かかって、ちょうど16日になったものなあ・・
 となると、上下さかさまを発見してくれた知人に感謝すべきか。。
 △ 一人で悦にいってろうそく眺めていたら、どうもけだるい。
  ちょっと体が汗ばんでいる。
 久しぶりに 熱が出てきたみたい。
 37度を越えてきたみたい。夏風邪か・・・
 いやだなあ・・
 
 ここんとこ、野暮用で忙しかったからか。。
  
 

送り火」への2件のフィードバック

  1. 紫のリボンが素敵ですね。
    ライターかマッチを持って悪戦苦闘されてた様子が浮かんできて、・・・読ませてもらってて、とってもおかしかったです。
    棚から下ろす時かなんか・・・キャンドルをひっくり返してしまってたんでしょうか(笑)?
    気がついてよかったですね。
    微熱、大丈夫ですか?
    睡眠と栄養をしっかり採って体調整えてください。
    それにしても、このクリスマスキャンドルがしっかり送り火に見えるから不思議ですね。
    今頃、みんなナスビの牛に乗って帰って行ってる頃でしょうか。。。

  2. まあ、この知人が ぷっと吹き出しながら、それでも口を押さえながら、脱兎のごとく走り去ったのには、まいりました・・・。
     自分でも、笑えたけど・・・
     帯状疱疹以来の微熱で・・・、突如でるとねえ・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です