自分のことなら・・

「今年は、異常やなあ!・・」
という声をよく聴く。この暑さのこと・・・。
朝晩は、少し増しになったのだが、昼間は依然として夏真っ盛り・・で、全身にけだるさを感じる・・。
 今朝、ふくの散歩中に出会った知人に言われる。
 「大丈夫なのかあ?」「なにが?」「・・・・」
 聞き返すとどうしても口を噤むんだよなあ・・・これが・・
 まあ、大体相手の言いたいことが解るから、いつもの事ならそのまま分かれるのだが・・・あにはからんや
 「だるいのか?痛いのか?」と聴くので
 「けだるい・・・」と答えると、ちょっと間を置いて
 「ダチの親がなあ・・・あんたと同じ病気じゃいうて診断されて・・」
 と珍しくぼそぼそと話しかけてくる。
 「・・・・何歳?・・」
 「80近い・・・」
 「どこの病院?」「○○病院・・」と隣県の病院を言う。
 「治療法はそれぞれだからなあ・・・」
 と言葉を濁す。
 実際、自分の事は語れるけれども・・

自分のことなら・・」への1件のフィードバック

  1. 実家の父がC型肝炎でインターフェロンの治療を受けてから8年くらいになります。
    この間定期的にずっと通院していますが、今は元気!
    定年から7年。今はひとりでちゃんと暮らしています。
    毎日一万歩くらい(ほんと!)の散歩をしていますが、
    散歩途中でやっぱり話になるのは、それぞれの病気のことだそうで、
    「説明してやっても、ちゃんと聞かんのよ、みんな。」
    と、強気です。
    自分の病気をよく知ることで、病気を克服することができるんだそうで、・・・
    「ほんと?」
    と聞くと、
    「だって、ワシがそうじゃもんっ!」
    ・・・さすがにO型です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です