眼の調子

 2月3月と定期診察は、とうとう電車とバスを乗りついで行く羽目になりました、
頼りだった左目の視力が落ち始め、車の運転はちょっと難しいだろうと感じるようになり、自粛して公共機関を利用することにしました。
 しかし都会と違ってi田舎は、公共交通機関は脆弱で、いざ自分が利用すことになってみると不便この上なしで・・・。

 前に移植の時に珠に気分転換をかねて高速バスを利用したことがありましたが、便数も少なくインターのバス停からタクシーを利用するしか足がなく、そのタクシーもバス停から電話で呼ぶのですが、運が悪いと20.30分も待たされることがあるので定期診察のような時間が決まっている時はとても利用できるものではないので、路線バスを利用することにしたのですが・・・これとて便数が多いとはいえず・・・。

 大学病院は松山市の近郊にあります。
家からは、電車で新居浜市に出て、それから路線バス。といっても路線バスなのに特急バスというのが松山まで出ているのでそれを利用します。電車で松山へ行ってそれから大学病院へ行くより時間的にも値段的にも安いからです。何故かというと電車は瀬戸内海に沿って走りますから、うんと遠回りになるからです。路線バスはほぼ高速沿いに走るから距離的には近い、ただ路線バスは時間がかかりますが・・・・この特急バスは、以前歩き遍路の時に横峰寺へ行くときにジョイント地点まで利用したことがあるので、ある程度要領がわかっていました。

 路線の特急バスは、新居浜駅を出て2.3カ所止まって 新居浜住友病院、西条済生会病院、西条駅前を経由して桜三里の峠を越えて大学病院、でこの次の停留所が願センター、それから松山市内に入っていくわけですが、大半の人が大学病院で降りてしまうので少しびっくりしました。運転できなくなって初めてバスを利用ぢている人も多いんだなあと感じましたし、公共交通機関のありがたさもわかりました。

 で診察の結果は
「もう悪性リンパ腫の方は、ほぼ大丈夫だと思いますが・・他の病気がねえ・・」と担当医。
脳外科の方は、様子見、腎臓内科も様子見。
 眼の方は
「どこまで良くなるかわからないけど、白内の手術しかないとは思うけど・・・」と相も変わらず言葉を濁す眼科医。
「でも日常生活に支障をきたしてるし、現に車の運転もできなくなってるので、白内の手術お願いします」とお願いして帰ってきた。

 帰りは西条から電車。男の二人連れのおへんろと乗り合わせる。東京からだそうで64番前神寺を打って西条駅まで歩いて来たそうで
「今日はどこまで?」と聞くと
「65番三角字、伊予三島で降りて」というので
「とても、とても5時までは無理ですよ!歩いてでしょう?」駅着くの3時半ぐらいでしょう?歩いて1時間半では無理でしょう」
「無理ですかねえ?6.7キロでしょう?」
「遍路道歩くつもりなんでしょう?結構きついですよ」
「でも、まあ一応行ってみます」
二人とも頭を見ると私より年配みたいだけど、結構歩きなれてる様子だったので
「じゃあ、頑張ってください。。お気をつけて」とわかれた。
二人の姿を見ると、「またいきたいないなあ」とお尻がむずむずしてきたのだが。lこんな眼の調子じゃあ・・・とてもとても。

▲血液検査の結果
白血球 10000 cre 1.47 尿酸5.8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です