昨日、目薬が切れたのでいつもの病院へ。
 顔見知りの眼科の看護師が、診察室に入った私に小声でひそひそと
「4月から、週三になるよ・・・」という。
「えっ?ほんと?」
「ほんとよ、月水金の三日。」
まあ、確かにそうなっても不思議はない・・・・。なんてったって客・・患者が少ない。ここの病院の眼科にかかりはじめて、もう15年余りになるけど、ここ4.5年、特に私が幹細胞移植して帰ってきてからは年々減ってきて・・・。2年前今の医者になってからは、超減少してるんじゃないのかなあ・・。これだけ減ってくるといずれそうなるわなあ・・・。ふーん、4月からねえ・・。
 「先生は大学病院から派遣でくるみたいだけど・・。午後は金曜日だけになるわね、今の予定だと・・」
私が行くのは、大体木曜か金曜日の午後だから、察して彼女がそういってくれてる。

 「どうするの?昼からしか来れないのだったら、紹介状でも書いてもらう?」
 「いや、いいよ・・どっちかに来るから・・」
 「手術もね、止めて ○豊か住友○○に送るんだって・・」
 「で、あんたはどうするの?」
 「わたし?丁度・・産休で・・少し早めに取って1年休もうかと思って・・」
 「へえ・・そりゃ、オメデトウ!。グットタイミングだなあ・・、計算したみたいだ!」
 「ははは・・・、一年経って元にもどってればいいけど・・」と彼女は笑った後、少し顔を曇らせた。

 ご多分にもれず、この準公立病院も患者数が激減してるみたいで、遂に私のかかっている眼科も常駐医師が不在となる。。

 さあ、どうする・・? 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です