目薬・・・

目薬が 底をつきかけたので 病院へ行く。
 特定疾患の申請が却下保留になっていたのだが、この相性のあまり良くなかった医者が再申請してくれて、去年11月末 再び認定ということになった。実際 あれっ!という驚きと妙な不思議さを覚えたし、戸惑いながらも感謝したものである。素直に喜べないのは、年のせいか・・本来の天邪鬼の故か・・。
 そんなわけで、この相性の悪い医者のことの見方が少し変わったのではあるが、今日行って また 驚くようなことを 言った。
 「目薬軽くしましょうか?ステロイドがない方が 白内障にもいいのでね・・炎症も今のところ ない状態だし・・・ニフランに・・」
 「えっ?・・」
 と自分の耳を疑ってしまった・・・
(ニフランといやあ・・あなた、悪性リンパ腫の宣告を受けて手術する前も前、サルコイドーシスの認定を申請するとかしないとか言ってた 7年前以来の薬の名前だよ・・)と思わず口から出そうになったんだが・・
 「たぶん これでいけると思うんですが・・・薬を軽くして もし 目が充血したり まぶしさが増したら・・また叩きましょう!」
 と あっけらかんというので こっちの方が キョトンとしてしまった。
 「サルコイドーシスというか・・炎症がなくなってるんだから ステロイドは使わない方が いいですから・・」
 と再度言うので
 「もし、薬軽くして 悪くなるようだとしたら 目安ありますかねえ?」
 「炎症が残ってて再発するようだったら 1週間かからないんじゃないのかなあ・・でも、出ないとは思うけどね」と若い医者
 「出たらそのとき叩きましょう」と付け加える
 私にはそれで 異存はなかった。さんざんリンパ腫で 対処療法 出れば抗がん剤で叩き 移植までしてきたから その方が 治療法が合う。
 ちょっと見直した この若い医者。
 状況が7年も前に戻ったら 急に若返った気がするなあ・・・
 帰って かみさんに このことを言ったら ゲラゲラ大笑いされて ・・
 「でも、視力は 落ちてるんでしょう!」と
 確かに・・それはね・・
 ▲フルメトロン→ニフラン
 記念すべき日だなあ・・悪性リンパ腫になって以来 薬が軽くなったのははじめてだなあ
 

目薬・・・」への1件のフィードバック

  1. やっぱり。。。!
    今日 たしかに7歳くらい若く見えました。
    ほんとです。
    そうか・・・、それでかどうか2月になるなり この冬一番の寒さで、明日は雪?
    さっき、散歩で顔が凍りそうになりました。
    風邪、ひかれませんように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です