珍しく家ノ前で

土曜日から、秋祭りで・・・
少し前から、気温が下がったせいか、祭りらしくなり、太鼓台のかきても、今年は 少し楽かもしれない。
珍しく 家ノ前で 太鼓台の鉢合わせがあり、あわててデジカメで撮ったんだけど、後で気がついたら、古いデジなので 写りもイマイチ 音声入力が無い・・・
残念・・。携帯の方がましだったかもと 思いつつ・・

>新薬承認が 早まるとか・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071014-00000000-mai-pol
 <舛添厚労相>新薬承認早め1年半に短縮する方針
10月14日1時38分配信 毎日新聞
 

舛添要一厚生労働相は13日、全国障害者スポーツ大会出席のため訪れた秋田市内で記者団に対し「あらゆる新薬について承認期間を早めたい。5カ年計画で1年半にする」と述べ、新薬の承認までにかかる期間を、2011年度までに現在の4年から1年半に大幅に短縮する方針を明らかにした。このため、審査官を3年以内に400人に倍増する。
 厚労省などは今年4月、新薬が市場に出るまでの期間を2年半短縮することなどを盛り込んだ5カ年戦略を策定。政府の骨太方針2007にも同戦略の推進が盛り込まれた。
最終更新:10月14日10時35分

 私のような闘病者にとって、一番不安なのは 再発なり、再再発することで、もしそうなったら どうなるんだろう?という思いは 常に頭からはなれることは無い。当然再治療とと言う選択しかないのだけれど、がんの治療は、同じことをやっても効果は無いので、新しい治療法なり、違う薬に頼るようになるわけで、その薬の選択肢が これにより広がるということは、 爆弾を抱えて闘病している者にとっては 朗報である。
 兎に角 こういうことは 確実な実行力を伴って速やかにしてほしいと願う。
 

珍しく家ノ前で」への1件のフィードバック

  1. 「千の風になって」の秋川さんは、毎年地元のお祭りに帰省されるそうです。
    この画像見て、つい思い出しました。
    音のない動画というのも、見ていて力が入るもんですね。。
    新薬について、・・・今まで4年もかかってたんだ。。
    そのことに驚き。。
    いやぁ、・・・知らなかった私もダメですが、知ってた人たち、・・・それでよくもまぁ、って感じです。
    舛添さんに期待、です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です