汗をふきふき

 遅ればせながら 梅雨明け宣言を聞くと 気分的に 1.2度体感温度が 上がったように思え 急に暑くなったような気がするのは、気のせいかね。。
 と 思いつ車に乗ると、ぐったりするぐらい暑い。
 特定疾患の申請の期日も迫ってきたので しぶしぶ出かけていく。
 市役所の支所に寄って 必要な添付書類をとり 保健所に行く。
 後で気がついたのだけど、県の保健所は 市役所の本庁の隣で・・・わざわざ支所で とらなくても、こちらでとればよかったわけ・・。
 などと ぶつぶつ言いながら ロータリーの坂を汗をふきふき あがる。
 まあ、この保健所というか、県事務所の建物は相当古く その当時は バリアフリーなんてことは考なく建てたんだろうが、今でも保健所はこの建物の中にある。毎年来るたびに思うのだけど、玄関は普通の建物の2階より少し高い位置にあり そこへのロータリーは急勾配のスロープで 歩いて上るのには 閉口する。
 私のように 普通に歩ける人はいいけど・・こういう種類の申請に来る人は きついだろうなあ・・と、このあたりは、一応「保健所」なんだから 考えるべきだとは思うんだけど・・ここへ毎年詣でるようになって 10年近くになるけど、変わるような気配も無い。土間はいまだに板張りだし・・暗い・・。どうせいでも 病気持ちだから この暗い板張りの廊下を歩いていると、気が重くなる。
 
 去年は、この申請を 集中的に開設された窓口の日に 行ったのだけど・・これが 大誤算で・・トラぶってしまったので
(それまでは こちらの都合のいい日に行っていたのだけど 去年は なぜか この日を選んでいった) 
 今年は 例年通り こっちの勝手のいい今日 行ったのである。
 去年は 折角 全部書類をそろえて持っていったところ、窓口開設日 ということで 長机に 3人横に並んで 受け付けていたのであるが、私の書類を見て受け付けた係りの人が 「そろってますし 間違いないですから」というので 抜き取られた書類以外の書類を持って帰ってきた。
ところが 8月も終わりになって「書類が 揃ってない。医師の診療調書がないから もう一度書いてもらいたい」という ”文書”が 私のあてに送られてきた。
 文書である それも 1月もたって・・・すぐコチラから 電話したところ、
 「あの時 あるのを確認して お受けしたんですが、今はないので 再度書いてもらいたいのですが」というようなことを 言うので、呆れ返って物も 言えず・・・・。
 「わかったときに すぐに電話ぐらいしてくれてもいいのでは?」
 とは言ったものの・・
 すごく後味の悪い思いをした。
 結局 ああいう様に 特設で受付などを設置する場合は、往々にして 日ごろ 接客とか 臨機応変に短時間のうちに処理したことが あまり無い職員とか そのものが毎日処理する件数が少ないから キチッとしたことができないことが多々あるのだろう。
万が一ミスったとしても ”なんといっても お上 だから” もう一度すればいいや・・という 空気があるのだろう・・・
 教訓 お役所の特設窓口開設日は 要注意。ミスる事も多々あると思うべし。
 で 今年は 例年どおり 一人で・・
今年は 妙な文書は来ない?・・だろうなあ
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です