歩き遍路・・・春編その4

 寝汗をびっしょりかくも・・・昨日、歩き遍路へ。
前回 今治から伊予和気へ逆打ちをしたので、今回は 今治 56番泰山寺から 60番横峰寺の歩き遍路登り口の伊予小松 大頭 までの40キロ強。
 今回は、知人と一緒である。例のごとく朝一のJRで今治へ。7時15分が歩きはじめ。まだまだ、肌寒い・・
 「どうなってんだろうねえ・・」と知人と話しながら、住宅街の遍路道を抜け 56番泰山寺へ。

ここのお寺も、綺麗になって・・・綺麗になるのがいいのか悪いのか・・わからんが・・

天気も良く、平地なので足の運びも早く、久々の街中での遍路道を歩き 57番栄福寺へ。

この時期の日曜日というのは、朝早いのにもかかわらず参拝客が多い。
おかしなもので、少ないより多い時のほうが落ち着く・・・んだなあ、これが。

 58番仙遊寺へは、今までとは一転山道のオンパレード。結構厳しい山道で、知人は荒い息を立て・・・
「車で来るのとはエライちがいだなあ!・・値打ちあるな。。」
 と、しんどそうである。
 仙遊寺の山門から続く本堂への道は、階段で・・それがながーい。さすがにこれには閉口。

仙遊寺の納経所は、本堂の中である。今まででは観自在寺に次いで2つ目。
ここで、ちょっとしたことに遭遇。
私の前のおっさん。私よりだいぶ年上の人だったんだけど・・。

 今、大半のお寺の駐車場は有料で、その料金の徴収方法は、納経所か駐車場に備えている箱に自主的に収めるかである。
 で、ここ仙遊寺では納経所で、御朱印を受けた後
「車ですか?」と聞かれる。私など歩き遍路は見るからに、そういう恰好をしているから、どこでもまず聞かれることはないんだけど・・。
この「車ですか?」というのは、大型とかマイクロとかそういう車種を意味するのである。それによって料金が変わるから。

 で、このおっさん、聞かれたとたん
「知り合いに乗せてきてもらったから・・・」と言って、そそくさと立ち去ったんだけど、その姿を御坊さんは、変な顔をして見ていた。
 そのおっさんの前の人は、夫婦連れだったし・・・どう見ても一人で来てるように見えたんだけどね、私には。。
 
 58番仙遊寺から59番国分寺までは、山を降り予讃線沿いに8キロばかり歩く。

「昼までに、国分寺に来れば・・大頭は、楽に行けるだろう」と朝、列車の中で話し合ってたのだけど・・・12時半近くになってしまって、ちょっと微妙。。

 国分寺を出たところで アイスクリンのお接待を受ける。暑くなっててのどもからからだったのでありがたく受ける。アイスクリンは旨い!

 昼食後、高速の側道を歩く。
「なんで、側道がへんろ道になってるのか?よくわからん!」と知人。
確かに・・・・ただ近年、バイパスや新道がバンバンできてきている現状では、やむなし・・か。極力、遍路道を歩くしか手はない。。

 右に曲がり左に曲がり・・これを繰りかえしながら・・伊予小松 11号線の大頭のバス停に着いたのは、5時半過ぎ。。これで 横峰寺の足場に来たということになり、次回横峰寺。

▲さすが 単3電池ボックスを増設したかいがあり、GPS 大頭までの記録に成功。
 本日の歩行距離 沿面距離では 44.25キロ

☆寝汗は、今朝も変わらずかいて・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です