歩き遍路ならぬ・・・

 18日(木)定期診察
4月にPETCTの検査を・・・と言っていたのだけど、まだ稼働してないみたいで・・5月になるとのこと。そんなにあわてなくてもいいぐらいの状態に体が戻ってきているということなのだろうと解釈。血液検査の数値もほぼ横ばい。creも高めだけど安定傾向。

 ▲血液検査の結果 白血球6800 cre 1.49 尿酸7.5

22日(月)快晴

この連休で、久万を周って松山市内まで歩き遍路・・・と考え行く準備をしていたのだが、あの春の嵐にビビってしまい、あえなく頓挫。内子からの峠越え2つにビビってしまったわけです。
 中止と決めて、墓参りなどしていたのだけど月曜日になるとすることがなくなり 、ポカンと外を見ていると青空だし風もおさまってるし・・・・しまったなあ、やはり行くべきだったかと少し後悔。。ふくと散歩に出、裏山に登って、遠くの海を見ていて急に思い出し、あわてて家に帰り時刻表を見る。
 「うん、なんとか行けそうだ・・・」と頭の中で目まぐるしく計算。
かみさんに
 「ちょっと、櫃石島・・行ってくるわ!・・何とか今からでもいけそうだし・・」と言って、おどろくかみさんを後にカメラだけ掴んで、駅に向かって走る。

 櫃石島というのは、瀬戸大橋がかかっている島。瀬戸大橋は、5つの島の間に橋をかけており、中で大きいのが 与島、岩黒島、櫃石島。で本州に最も近いのが櫃石島。対岸の本州までは 1キロ強 ぐらいしか離れてないはずなのに香川県坂出市・・・。
 なぜこの島に興味があったかというと高速でもJRでも・・特にJRに乗りこの島に差し掛かると上りの場合、右がわに島からまたちょこっととび出た島があり、上から見ると妙に気になるので一度行ってみたい、渡れるものなら渡ってみたいと思ってたので・・(あとから知ったが、歩都島という)
 今のところ天気もいいし風もなきゃ島へいっても今日なら大丈夫だろうと思いついたわけである。

  瀬戸大橋の高速道は中間の与島にパーキングがあり、車で降りられる。が住民が住んでいるところには、道路があるけど入れない。櫃石島もちゃんと降りれるようにインターが付いているけど一般の車は降りられない。住民専用なのである。が路線バスが坂出から岡山県児島まで瀬戸大橋を渡って走っており、この路線バスなら島に降りれるのである。
  瀬戸大橋ができたのが1988年で、このころは児島から坂出と坂出から児島と相互にバス会社が乗り入れてたのだけど、今は途中の与島まで 香川側からコトサンバス、児島からはシモデンバスが乗り入れて乗り継ぐようになっている。

 思い立ったのが10時頃だったので、坂出駅発のバスには12時20分のに、ぎりぎり間に合う。乗客は祭日だからか私一人。運転手さんに乗り継ぎの要領を聞く。
 瀬戸大橋の上り口手前で、若い兄ちゃんが乗ってきて、乗客2人で与島へ向かう。

与島のフィッシャーマンズワーフがバスの乗り継ぎ地点。瀬戸大橋が開通した当時はすごいにぎわいだったのだが、当時の面影など少しも感じさせないぐらいのさびれようで・・・寂しさというより、悲しさを感じる。
 バスの降り際、運転手さんに 乗り継ぎ印を押してもらう。
「向こうのバスで、割り引いてもらえてくれるからね」と言われたのだが、あまり気ねしていなかった・・・・。


 フィッシャーマンズワーフにあるバス乗り場。

 で15分ほどの待ち時間に、おばさん4人連れの乗客が増える。若い兄ちゃんはここで降りたので、私を入れて5人。
 シモデンバスが来たので、乗る。乗るときに
「乗り継ぎやけど、整理券もまたとるの?」と大きな声で聞く。
「そうです!」と運転手さん
一番前の運転手の隣に座ると
「お客さん、どこまで?」
「櫃石島です」
そうこうするうちおばさんたちも、私の真後ろに座る。
「えーと・・・櫃石島まで・・・70円です」
料金表を取り出しながら運転手。
「えっ?本当ですか?」とびっくりして聞き返すわたし
「70円です。ホントです!」と若い運転手さんが大きな声で言う。
後ろでざわついていたおばさんたちのリーダーらしき人もびっくりした様子で
「じゃあ、岩黒島までは?」と聞くと
「20円です」
「ええっ!なんで、なんで そんなに安いの?」とおばさん。
誰だってそう思う。岩黒島は与島の次の小さい島をはさんでその隣、櫃石島は、またその隣・・結構離れてるんだけど・・・。
「この路線バスは、島の住民たちの足として運航しているわけですよ、ですから安い運賃でなければならないから。ただし、この運賃が適用されるには、乗り継ぎを利用して 島に降りる人でないと適用されないのです。」
「でも、やすいわよねえ!今時20円なんてないわよね!やすすぎるわ。」と周りのおばさんたちに言ってる。
 このおばさんたちは、与島から乗って来たはずなんだけどなあ・・・確か・・一般車の駐車場あたりから来たと思ったんだけど・・・
「結構いるんですよ!観光で 路線バスで坂出から児島まで渡って見たいというお客さんたちが・・・でも、その人たちには適用されないんですよ・・島に降りないから。」
と若い運転手さんはこうも話しました。
 びっくりする話でしたねえ・・これも最初に私が
乗り継ぎでも整理券云々 と聞かなければ・・説明してくれてなかったかも・・・
 そのうちに岩黒島のバス停。岩黒島のバス停は瀬戸大橋上にある。
 おばさんたちのリーダーが
「20円でいいのよね・・」と20円と整理券を入れてバスのステップを降りようとした。
「ちょっと!ちょっと!お客さん!乗り継ぎの整理券は?」と少し声が荒くなった若い運転手。
「えっ?乗り継ぎ」?整理券?」
「だから、さっき説明したでしょ?乗り継ぎの整理券のこと」
「ああ~、そういうことなの・・・わかってるようで、わかってなかったのね、私」とおばさん、私のほうをちらっと見る。
「いくら?」
「160円」
「じゃあ・・・あと140円ね・・」と財布の中を探している。後ろでは
「両替してもらわないと・・」とか「160円、160円!」とつぶやきながら探している。
 このおばさんたちのおかげで、だいぶ遅れて出発。
 まあ普通に考えて、なんも無しで20円!・・なんてことことはないだろう? 
 素直に笑ってしまいました。

 「櫃石島は、どこで降りたらべんりなんですかね?」と私
「櫃石には、3つバス停があるん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です