歩き遍路 独り立ち

バス会社の 歩き遍路ツアーにこれまで参加してたんだけど、病気持ちの私には、付いていくのがやっとで、特に山は相当応えた。
21番太龍寺を過ぎれば、比較的平坦に違いないと思って、年末年始で歩いてみようと今朝1人で出てきた。
いつも付き合ってくれる相方は、年末仕事だということで、彼には悪いけど・・出てきた。
牟岐線新野駅で下車。同じ電車から降りた遍路は、私のほか男1女1。二人とも若い。歩き始めてすぐ、あっという間に引き離される。22番平等寺に着いたのは、昼前。すでに彼らの姿はなし。
周りに人影もなく、ゆっくりお参りをする。昨日、今日泊まるところを散々悩んだすえ、日和佐の薬王寺宿坊ときめた。何しろ20キロあるから、昼から歩けるだろうか?と思案したのです。が先を考えると薬王寺までは歩いてないと・・
平等寺を出発したのが、12時前。納経所で道を聞いて出発したのだが、行けども行けども説明してくれた突き当たりがない。不安になりつつ一時間程歩いて、畑仕事のおばさんを見つけ確認して、ほっとする。
それから、うっそうとした山道を抜け、やっと国道にでる。この国道のトンネルの歩道は、車道に線を引いてるだけだから、おっかなびっくりもので・・
昼からの20キロは、相当きつく、足はホント棒のよう・・
薬王寺に着いたのは、4時35分。ギリギリセーフ。
お参りして宿坊にやっとの思いで入る。足はマメだらけ・・
宿泊客は、六人。
歩きは私1人みたい。
何はともあれ、歩けたことに感謝。
薬王寺宿坊にて。

歩き遍路 独り立ち」への1件のフィードバック

  1. あけました、2009年。
    よい年になりますよう。
    歩き遍路の疲れはとれましたか?
    自宅でゆっくり新年を迎えられてることと思いますが。
    少々心配です。
    しかし、やりますねぇ、ひとりでかなりの距離を歩かれるとは。しかも、20キロですからね。びっくりです。
    失礼な例えかもしれませんが、有馬記念で14番人気の馬が後半、前の馬をどんどん抜いて2着でゴールした姿とかぶりました。あれは、すごかった。
    本年もよろしく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です