昨日、検査入院

昨日の昼前、小雨交じりの雨の中、高速バスで1人病院入り。
病棟入りしてすぐ昼食もとらず、両足のMRI検査という慌ただしさ。その後、脳の血流検査。
これがねえ、一時間ぐらいかかるというので、紙おむつを穿かされる。アイソトープを使ってのRI検査で、使う造影剤が強い利尿作用があるとかで、過去に我慢しきれずに、お漏らしをしてしまった患者さんがいて、検査がダメになったことがあったことから、検査する全員に履いてもらってるそうで???。
幸いわたしは、その中にすることはありませんでしたが、左手は静脈から、右手は動脈から薬を入れるのですが、この動脈からのときがイタイ!!

散々「痛いからね、痛いからね、我慢してね!」と言いながらするから、身構えてるこちらは、とても痛く感じて閉口。

その後、心エコーと午後からだったとはいえ、そこそこ検査をこなした感じの一日でした。

夕食の後、一階の売店で暇をつぶして上がってきて隣の病室の前を通りすぎようとしたとこる、聞き覚えのある声に、ムーンウォークばりに後ろ歩きで、部屋をのぞいたところ、看護師と目が合う。
向こうも気づいて
「やっぱり、後で行く!」
と笑って手を振ってくれた。
一年近く聞いた声、ましてや生死をさまよってたときに、ずっときいてた天使の声は、忘れようたって忘れられません。そう、それは移植した時に、ずっとお世話にになった、飛びっきりの美人看護師さんでした。
縁なんですねえ、八年後また再びこの脳外科で、お世話になるとはねえ。

今朝、ベッドで彼女に八年振りに採血してもらいました。懐かしさと感謝で涙が出てきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です