定期診察

 土砂降りの中 12日(木)定期診察に行ってきた。
腎臓動脈エコー検査をして、血液内科と腎臓内科を受診。

 やはり前回同様クレアチニンの数値は、1.92で・・げったり。
血液内科の担当医に聞いてみた。
「仮に今後、再発したとして今の腎臓の状態で化学治療できますか?」
「まあ、できないこともないが限られた量での治療となるから・・・。でも 移植してから、ここまでの年数がたっているからねえ、再発の可能性は少ないとは思うが・・・」
というように言っていただきました。
「とにかく、これ以上腎臓を悪くしないように・・」

 で血圧の話になり、診察室で測ると 160近くあり
「ちょっと高すぎないか?」
 と言うので
「でも先生、家で測ったら結構低いんですよ!」と持参したデータを見せると
「いやあ・・・これは、こんなことはあり得ない!90台なんてありえない!」
「でも、いつも左のリストで測ってるんですけど・・・・やはり機械が壊れているんですかねえ」というと、担当医は
「じゃあ左で測ってみよう」とまず左手の脈をとったところ
「あれ?とりにくいなあ・・・」と血圧計を引き寄せて左手に巻いて測ると
「・・・120・・86・・・右手から比べると・・ずいぶん低いなあ・・・左の方が血流がよわいのかねえ・・」と首をかしげ、 次から右手で測るように!と言われる。

 ちなみに今朝 右手で測ると 110-83 でした

 腎臓内科では
「サイズが小さくなっている以外は、動きとしては正常に動いてる」のだそうで、ここでも血圧の話になり、血液内科で話した通りの話をすると
「じゃあ、次の時に 四肢の血圧脈波を測ってみましょう」
ということで帰ってきた。

 しかし、右と左で相当違うんだけど そんなこともあるんだなあ・・・
ちょっと狐につつまれたような気がする・・・

▲血液検査の結果
白血球 8600 CRE 1.92 尿酸値7.0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です