定期診察

 昨日19日定期診察。
今回から、眼科も診てもらうということで、朝早く出かけたら・・・。なんと高速がメチャクチャ空いてて
 「どしたん?」と首をかしげるほど、車がいない。もともと四国の高速道路だから、空いているのだけど、それにもましてガラガラ。
 ・・・景気悪いんかなあ・・と。。

 大学病院はそれに輪をかけてるように、患者が少なく・・・私の記憶にはないようなロビーの人の少なさ。。血液検査に至っては、待ち時間がないほどで・・・・。

 でも血液内科は、変わらずの待ち時間で・・・

▲先月からずっとひどかった湿疹は、この定期診察の日には、相当改善してて。。

 「ザイロリックですかねえ?止めたらだいぶましになったですが・・・」私
手やお腹、せなかを見た担当医
「皮膚科は、行って・・・ないよねえ・・・ほとんど枯れてきているねえ。ザイロリックですねえ・・」
「ずーっと飲んでて急にこう湿疹がでるというのは・・・蓄積された副作用ですか?」
「・・・まあ、そんあところかなあ・・急に出るということもまれにあるから・・」
「どちらにせよザイロリックはもう使えないね。」
「・・ウラリットだけでは・・尿酸値を抑えきれないしねえ・・・・。」

 帰ってきて調剤薬局のおばさんに言われる
「ザイロリックで湿疹出ている人、多いですよ!・・でも今まで出てなかったのにねえ・・」
「そうなんですよ。十年近く飲んでたのに、急にですからねえ・・・薬の蓄積というのは怖いねえ・・あまり今まで気にしてなかったんだけど。。」
「それで先月止めてたのね?・・ザイロリックよく効くのにねえ・・・ひどくなったら皮膚がただれて、入院して治療する人だっているのよ・・・目も痒くなかった?」
「えっ?目にでるの?」
「目も痒くなることあるのよ・・・」
 ・・・ええっ目もやばくなるのか?・・・と少し驚く。。

▲当然 尿酸値の血液検査の結果は悪く、12.1
 薬は、効果はだいぶ落ちるといわれているユリノームに代わる。

白血球 9500 cre 1.44

☆眼科の診立ては、最初ということもあって、こちらから状態を説明していたので、こっちの眼科医と大して変わらない診断だった。
 こっちの眼科医を通さず、内科の担当医の紹介だけで診てもらったから
「次のときに、できれば眼科医の紹介状を持ってきてほしい」と
言われる。まあ当たり前といえば当たり前なんだけど、大学病院で診てもらう前にこっちの眼科医に「紹介してくれ」と言うというのは、さすがの私でも・・・。
なんせ大学の系列が違うからねえ・・。
 昔のことを知らない人にはわからないと思うけど、地方とはいえ、かたや旧国立1期の医学部の系列で、私が今行っている大学病院は旧国立2期のバッーと医学部を新設し始めたころにできたところだからねえ・・、なかなか何にもなくては言いづらい、、まして週一しか来ない大学病院の医者に診てもらってるわけだからなあ。。

どちらかというとあまり気乗りしてない眼科医に無理にお願いして、来月から内科と同じ診察日に診てもらうことになった。

こっちの病院の眼科医で、今の医者以外には、十数年にわたり本当に大変お世話になったんだけど、今の医者になって3年ろくなことはなく、その上診察日も週一になってくると・・やはり考えてしまうよなあ。。
 医療だけは、へき地医療のゾーンには入りたくないものだ・・ホント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です