定期診察

早くも定期診察。とはいえ実際は1ヶ月あまり間隔が開いているのだが、体調が比較的よいのか間隔がそれほど開いているとは感じられないから、人の感覚とは横着なものだなあ。
 血液検査の結果は、前とほとんど変化なし。creの数値は、ほとんど固定化されたようで改善の兆しは感じられず、だましだましこの腎臓とは付き合っていかねばならないのかもしれない。
来月あたり、CTとGaシンチの撮影の予定だけど、腎臓の負担を考えて造影剤なし。
 あまり症状に変化がないので、撮影も6ヶ月に一度でよいのでは?というお話を担当医から承る。嬉しいけどその反面多少の不安もあり、こういうのってなかなk素直には喜べないのは、私だけかなあ・・・・・。
 血液検査の話もさることながら、私のひょっこりとつきでたお腹の右の部分、ヘルニアの部分の話しに担当医となる。
 「気持ち悪くない?」「そりゃあ、気持ち悪いですけど・・・・」「下痢なんかよくしない?」
 このヘルニアの突き出たお腹の一部分は、最初に病院で、脾臓と小腸の一部などリンパ腫の腫瘍を摘出した時にできたもので、看護師さんはじめみんなが一様に不思議がったものである。
 「まあ、そこそこしますねえ、でもしょうがないし・・・・」「さらしでも、巻いてみたら。固定していいかもしれないよ!」と担当医。
 前のドクターも同じことを言ってましたし、一時それらしきものをしてたんだけど、面倒くさくなっていつの間にかやめてしまったから・・・。あらためて、してもまたすぐ止めてしまうかもしれないので・・・・使用という気にはいまいちなれず。
 しかし、大学病院へ最近行くたびに、どこかここか工事しているんだけど・・・・・、近くに国立がんセンターできるからかなあ・・と勘ぐってしまう・・
▲今日の血液検査の結果
 白血球10200 HGB 12.1 血小板 194000
 CRE 1.6 BUN 22
 白血球が高目なのは、やはり顆粒リンパ球が2,3割あるからだそうで・・・・
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です