定期診察とPET/CT検査

恒例の月一定期診察と、今日は はじめてのPET/CT検査。
巷間話題沸騰のPETをするというので、ちょっと不安もあり期待もあるという摩訶不思議な心境で、朝早く家を出る。
 昨日かみさんに
「あんた おいなりさんに商売繁盛でいったんと違うんかいな?PET検査のためにいったん?あほかいな、しょうもな・・・・」
 と呆れ果てられてしまいました・・
 PETは ふろ・・あかんのかいな?注意書きに書いてなかったしなあ・・運動とかウォーキングはいかんと書いてたけど・・・とすこし不安になったけど・・まあいいか・・と例の如く 寄り道して温泉へ。
 いつもどおり血液検査して 診察
 がんセンターへ持っていく書類の説明を担当医に受ける。
「先生、体重。。これ 60KGになってますけど・・・」
書類に目を通して 初めに目についたのがこれ
「ん?あっそれ、入院してる時の数字書いただけだから・・今何キロ?」
「55KG弱」
 まあ 向こうで計るからどうでもいいことだけど・
55KGまで戻ってるなあ・・・そういやあ・・
いみじくも知人がこういったのを思い出した。
「あんたとGさんぐらいだよ、入院して太ったの・・」
あの時 60キロもあったんだねえ・・・
血液検査の数字を見るかぎり安定しているみたいで
「先生、またCRE1.3ですねえ」
「その値で あんていしてきたのかもしれないなあ」と担当医
 移植直前が 1.2だから これで安定してくれると 上々か?
「PETで 移植前からあるリンパ節の腫れが、活動しているかどうか?抜け殻なのか休止しているかどうか、たぶんわかると思うんでね・・」
「つまりリンパ腫が死んでいるのか?死んだふりしてるか?わかる ということですか?」と私。
「そうだねえ・・」とニヤリとしながら担当医
「結果はこっちに来るから、電話しますよ」
ということで 診察室を出る。
▲今日の血液検査
白血球 7000 HGB 13.3 PLT 20.6
CRE 1.3 BUN 18 UA 8.2
☆ 四国がんセンターへは 大学病院から車で10分ぐらい。
がんセンターがこちらに移転して、訪れるのは初めて。
飯食ったらダメということで、そのまま直行したら、12時過ぎについてしまった。検査予約は2時半からだから・・大分間がある。
建物は 新しいから奇麗なのは言うまでもない。ロビーは病院とは思えないつくりで、コンビニのファミリーマートが入ってるのには驚いた・・・
 そのうち、あちこちの病院も こうなるんだろうな・・と、あまりいい気はしなかったけど。
 私などは昔人間なのか、あのエーテルの匂いのするざわついた雰囲気のほうが 病院らしく感じる。
 早いけれども 受付をすまして、PET/CT室へ
PET/CT室の受付で、ずたぶくろのようなトートバックとお茶のペットボトルを渡される。
これがなんと 伊右衛門 なんだよなあ・・・がんセンターと伊右衛門 ミスマッチだよなあ
で 更衣室に案内され看護婦に PETの撮影のプロセスの説明を受ける。
面白いのが トイレの説明でね。
 「放射性物質が飛び散りますから、座ってしてくださいね」
と真顔で言うからね・こういうときは ニタリと笑ってくれるといいんだけどねえ。
 で F-FDGという疑似ぶどう糖を注射してもらう。
 少しふくよかな看護師のおばちゃんがピチピチのゴム手ぶくろをして点滴用の針を刺す
「点滴でするんですか?」
「××さんは、造影剤いれないから、点滴じゃないですから」
「じゃ、これなに?」と目で点滴用の針をさしながら私。
 管をつなぎなら おばちゃん
「最初に生食20ml行って次に薬、そんで洗い流すために生食が入るの。この機械でやってるのよ。私らがするより正確なのよ・・・」
と横の機械をさしながら説明してくれる。
 やっぱり F-FDGが入るときは冷たく感じるね。。
注射の後 安静室にはいる。ここで1時間ほど安静にしていなければいけない。看護師が言うには
「本を読んでも 人としゃべってもいけない」
・・・人としゃべると言ったってねえ・・誰としゃべるのよ・こんな仕切られたところで・・・看護婦のお姉ちゃんとしゃべるわけにはいかないだろうしねえ・・・
 安静室は6つに区切られてて、その中にリクライニングシートがあって そこで1時間ねてろ ということなのだが・・・
 それと一緒に造影剤入りのペットボトルを1本その間に飲んでくれ と言われる。それが 伊右衛門 なのだ
 で1時間後 PET/CT室に入る前に おしっこを強要される。座って・・・
PET/CTは 15分ぐらいで終わる。変な格好をさせられる
 で終わった後 回復室といわれる部屋で 15分ほど休憩して お開き。
 結果は どうなんだろう・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です