バブルリング その2

米子で チラッと 鬼太郎電車を見て 後続の やくもに乗り換え 出雲へ。出雲で 再び 各駅(普通電車)に乗り換え 「波子」を目指す。
 岡山からの各駅も、この山陰線の各駅も 気分が悪くなるくなるくらい冷房が効いており、スポーツタオルをお腹に巻いて、この冷たさをやり過ごす。山陰線の各駅は2両編成だったのだが、2両目に乗ってる私は ひとりになることが多く、それゆえ効き方も きつい。
 岡山を出てしばらくして、天気は大荒れになり、山陰路に入ってだんだん天気は回復、「波子」に着くころには、快晴に近くなっていた。
hasieki01
hasieki02
波子駅に降りたのは 地元の人らしい人一人と私だけ。改札の窓から おばちゃんが 「JR利用の方に限り、アクアスの入場券 2割引になってますから、どうですか?」と、大声で私に呼びかける。
 「JRの利用客だけに?・・・」と言ったってあなた・・。ここJRの駅だけど・・それ以外の客なんていないでしょうとぷっと吹き出しながら 買う。
 でも 私一人だけだし・・1日何人利用するんだろうか?な。アクアス 行くのに・・JR。
 駅舎はこじんまりと建てられてるし、「波子駅会館」 という看板立ってるから、どっちが副業か知らないけど 2足か3足のわらじを履いてるんだろうな・・。最近こういうスタイル多くなったよな、JRの駅。
 「どう行ったらいいの?」とおばちゃんに聞く。
「前の綺麗な道、まっすぐ行くと行けますから・・・10分ぐらいです」
 いわれるままに表に出ると、綺麗な遊歩道が整備されている。
 またもや、何人この道とおるのだろうか?と苦笑しながら、歩く。
 
 県や国の肝いりでたぶん作ったのだろうけど・・・
 遊歩道の端は、見るからに草ぼうぼう・・歩いてないし、こまめに整備もしてないんだろうなというのは、一目瞭然。。
AKUASUHENOHODO
 暑い・・昨日寝てないから、そろそろしんどくなってくるし、案の定目のほうがシパシパして、多少気分が悪くなってきた。
 アクアスに入る。施設としては そんなに取り立てて大きいほうではないだろうなと思う。他のものは チラーと流して シロイルカのプールへ。まだ30分近くもあったけど、動くのがいやで、座って待つ。
 こういうところへは、子供をつれていろいろ行ったけど、一人できたことはない。・・変わったもんだ、俺も・・・と我ながら 苦笑。
 小さい子達と若い親たち、孫を連れた爺さんたちの中に、おっさん一人というのもなんかなあ・・・。
 しかし、水槽の前でボーっとしているのも悪くない。妙に落ち着くし シロイルカの遊んでいるのを、漠然と見ているのもどことなく楽しい。
 しばらくして、お目当てのシロイルカのショーが始まる。
いろいろな芸を披露したあと、バブルリングも吐き出してくれる。
「ほう・・・これが、幸せのバブルリングか・・・」と
BABURURINNGU
今年はオリンピックイヤーということで、看板娘のシロイルカが、なんと5回連続で バブルリングを吐き出すのを、見せてもらう。これで 5倍幸せになるかも・・な。
 とにかく久しぶりに、和やかな雰囲気に浸りきり、ヤンヤの喝采を観客から受けるシロイルカを見て 水族館を後にする。
 再び、誰も歩いてない遊歩道を歩き、波子駅に戻る。誰も客はいない。松江へ戻る。
しんどいので、ホテルのベッドにもぐりこむ。
 明日はいよいよ、木次線と 「延命水」
                <つづく>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です