なんとも気が重い

ブログを引っ越した早々、気が重くなる・・・
去年の秋、体育祭ぐらいまでチョクチョク家に顔を出して、愛犬ふくと気持ちよく遊んでいた女の子が亡くなった。まだ18歳である。
 病気でもなく・・・・・
こんな50過ぎの先の知れぬ病気と闘いながら生きている人間から見れば、まだまだ先のある将来性のある若者が亡くなる・・というのは言いようのない寂しさと悲しさに包まれる・・・・
少子化少子化といわれ、ますます子供が少なくなっていくのに、この様なまだまだ若い人間がなくなっていくというのは、本当にいたたまれないほど悲しい・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です