この風邪は

 ズーット咳が出て たぐりがひどい毎日が続くので
 この風邪は、かみさんに言わすと
「がんセンターから もらってきたんじゃないの?」と
 確かに、帰ってきてから体調は崩れてるけど・・・
 ガンセンターで・・・と、セイにはしたくないなあ。。と朝から 鼻をぐすぐすさせながら、チョコッと仕事をしていたら、担当医が所見を知らせて来てくださった。
 概要は 100%シロとはいいづらく さりとて黒でもなし。グレーというところもある・・やはり様子見ですね。
 と・・・。まあ予想はしてたけど。
 やはり、胸に F-FDGは 集まってたみたい・・
 
 こういうやり取りだけして、あと数年か。。はたまた10何年か過ぎて行ってくれると 御の字なんだけど・・・
◆なあんて かみさんと話してたら、知り合いが来て 医者の話になった。
 知り合いが
 「隣の県の△△の〇〇という医者は その方面で、日本では 5本の指に入るぐらい なんだって!」
 と 誇らしげにおしえてくれた。
 つい先ごろも、同じように別の人が
 「隣の県の〇〇の□□という医者は・・・日本では5本の指に入る・・」と教えてくれたし、思い出すだけでも 指折り数えれるぐらいそういう話をいろいろな人たちから教えてもらっている。
 「隣の県はすごいんだなあ・・・5本の指に入る医者が何人もいて・・」
とかみさんと顔を見合すのだけど・・
 そういう医者は <優秀>な医者なんだろうけど、
 人口100万あまりの県にねえ・・日本で5本の指に入る医者が 何人も何人もいるという話が、まことしやかに流れているわけで・・・
 あと4本は 何処にいるのかなあ?と 私としては 何時も聞きたい衝動にかられるのだけど・・・
 
 まあ、こういう表現が好きなところなんだろうけど・・。
 私としては、少しこういう話には 抵抗もある・・
 誰が一番先に 口火を切るんだろうかね?こういう話は。
 「あの先生は 日本で5本の指に入る・・・」と
 案外、言いだしっぺは ☆☆ だったりして。。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です