いやはや・・

日々の帯状疱疹の痛さに、定期診察を繰り上げ大学病院へ行ってたのをコロッと忘れてた。
リンパ腫が心配で、退院後の週の木曜日 13日に とるものもとりあえず急ぎ 大学病院へ行った。
 担当医は、人の顔を見るなり
 「酷いなあ・・」と一言。
 リンパ腫との因果関係については
 「もう4年目になるしねえ・・」と 言葉を濁し
 「痛みどう?」と聞くので
 「顔面がひりひりして・・・・先生、いい痛み止めないですか?」というと
 抗生剤と顔面神経痛の薬を処方してくれた。
 「でもね、不思議だねえ、これ」と担当医が 血液データを示すので、覗いてみたら
 なんと クレアチニンが 1.2になっている。
 「えっ、うそみたいな・・・」と私が驚くと
 「治療して、この数字というのもねえ・・・」と 担当医も不思議そうな顔をしている。
 血液データの数字というのは マジックみたいなものか?・・
 まあ、悪くなってなくて良くなって 首をかしげるというのも 変な話ではあるんだけど。。
 ▲13日の血液検査の結果
 白血球 11600 HGB 12.9 PLT 21.2
CRE 1.2 BUN 16 UA 6.4 CRP 1.33
 
 地元の入院してた病院の血液データもあるんだけど・・・それがねえ・・
 意外とアバウトなんで・・キョトンとはしてるんだけど・・
 皮膚科に最初見てもらうとき、血液データあるなら見せてくれと言われて持ってった割には、自分ところのはアバウトだし、データくれといっても なかなか出さなかったりでねえ・・・・
 どうなってるの?と思う節もあるんだけど・・。最初 リンパ腫で入院したところがココだから、なんともいえないのだけれど・・
 入院した私が、その程度の知識すらなかったのだから・・今思えば、背筋が寒くなる・・・よね。。
 大学病院で、残念ながら闘病中になくなられたけど、私にいろいろ病院の事を教えてくれた人が、こう忠告してくれました。
 「自分の体は、自分で守らないといけないよ!」と

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です